AROMA SIESTA

足底腱膜炎って何?リムブロに任せて!

初回予約・お問い合わせ オンラインショップはこちら

足底腱膜炎って何?リムブロに任せて!

足底腱膜炎って何?リムブロに任せて!

2024/05/05

リムーブロックフットで足裏アーチ復元!

足底腱膜炎とは?

皆様こんばんは♪

 

足の3つのアーチきちんと使われていますか?

今回の足底腱膜炎は縦アーチの崩れによる痛み、痺れについてご相談頂きました。

お写真はリムーブロックフット12分のビフォーアフターです。足首のサピネーション(外側に倒れる)と膝の捩れの軽減による変化です。

 

足底腱膜とは?

足底には、かかとの骨から足の指の付け根にかけて、強靱な繊維状の組織である腱が膜のように広がっています。これが足底腱膜です。

足底腱膜は足底の土踏まず(縦アーチ)を保持して、歩行やランニングによる衝撃を吸収する役割があります。さらに、その吸収した力を蹴り出しのエネルギーとして有効活用する「巻き上げ(ウインドラス)機構」にも関与しています。

そのため足底腱膜の働きが悪くなると、足底が地面に着地するときの衝撃吸収や蹴り出す力のバランスが崩れて、走りにくさや歩きにくさを感じます。

足底腱膜炎の症状

足底腱膜炎は、足のアーチ構造を支える足底腱膜が炎症を起こし、小さな断裂を繰り返している状態です。かかとや足底が地面に着地した際に、足底腱膜が伸ばされて痛みを感じます。また、ウインドラス機構がうまく機能しなくなるため、足を蹴り出すエネルギーが足りなくなります。

足底腱膜炎が起こると、「朝起きてからの最初の一歩が激しく痛む」「急に歩きだすと痛む」といった症状がみられるようになります。慢性化すると、かかとの骨に骨棘(こつきょく)と呼ばれるトゲのような突起ができて、さらに痛みが増すことがあります。

足底腱膜炎の原因(足の裏が痛む原因)

ランニングやジャンプ動作などで、荷重による衝撃(圧迫力)と強く引っ張られる力(牽引力)の両方が繰り返されると、足底腱膜に大きな負荷が集中して、小さな断裂や炎症が起こりやすくなります。

筋力不足や足の形の変形(扁平足・外反母趾)

足底腱膜炎を誘発する要因としては、スポーツによるオーバーユース(使いすぎ)をはじめ、長時間の歩行や立ち仕事、不適切なシューズの使用、硬い路面でのトレーニング、足の筋力不足や柔軟性の低下、足の形の変形(扁平足や外反母趾)などが挙げられます。

とくに外反母趾(がいはんぼし)は、足底腱膜炎と同じく、足のアーチ構造の崩れによって生じます。縦アーチが崩れる足底腱膜炎に対して、外反母趾では横アーチが崩れてしまっている状態です。外反母趾で横アーチを保持できなくなると、だんだん縦アーチも低下して足底腱膜炎を併発する場合があります。

----------------------------------------------------------------------
AROMA SIESTA
住所 : 神奈川県鎌倉市浄明寺4丁目3-8
電話番号 : 090-7073-2176


鎌倉できれいなボディをサポート

----------------------------------------------------------------------

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。